コーヒーダイエットの方法


コーヒーダイエットの方法はとても簡単です。

1日に数杯のコーヒーを飲むことが基本です。

浅煎りの豆から抽出したコーヒーがおすすめです。

インスタントコーヒーはコーヒーダイエットには使えません。

コーヒー専門店などで、特に浅煎りのものを購入しましょう。

コーヒーダイエットのコーヒーは、アイスではなくホットコーヒーを利用します。

ホットコーヒーは体を温めますが、アイスコーヒーは体を冷やし、脂肪を燃えにくくします。

ブラックコーヒーを飲むことも重要です。

乳脂肪や糖分は足さずにコーヒーを飲んでください。

運動や入浴、食事など脂肪を燃焼させる機会があったら、その30分前くらいにコーヒーを飲みます。

後で有酸素運動を取り入れると、脂肪燃焼効果が高まりダイエットに効果があるわけです。

コーヒーに含まれる成分は、糖尿病やがんの予防にもよいと言われており、ダイエット以外にも健康によい作用が期待されています。

コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸には、血糖値の上昇を抑える働きがあります。

ある調査では、コーヒーを飲む人は、そうでない人よりも糖尿病リスクが低いといいます。

食道や胃、腸のがん細胞の成長は、コーヒーをよく飲む人は発育しづらいとも言われているようです。




健康によい作用